意外と大事!福利厚生

法律で義務付けられている「法定福利厚生」

福利厚生とは、会社が、給与や賞与以外に従業員やその家族に付与する制度やサービスのことです。それについて知っている人はほとんどのようですが、福利厚生が「法定福利」と「法定外福利」に分類されることは知らない人もいるでしょう。まず、法定福利厚生とは、法律で義務付けられている社会保障制度を指します。 従業員や同居する家族の健康や生活の安定のために、会社は社会保険料の一部を負担するように定められているのです。

社会保険料には、病気やケガに対する医療費に関する「健康保険」や会社員が加入できる「厚生年金保険」、失業や退職に対する手当「雇用保険(失業保険)」、仕事中の事故などについて補償する「労災保険」などがあります。原則すべての会社(一部の例外を除く)は、社会保険に加入する義務があるのです。

会社が任意で負担する「法定外福利厚生」

つぎに、法定外福利厚生とは、会社が任意で負担する制度やサービスを指します。たとえば、会社によって異なりますが、交通費や住宅手当、育児支援、保養施設の制度などがあります。まず、自分にとって必要な福利厚生があるのかどうか、入社前にチェックするとよいでしょう。なかには、資格手当や勉強会・セミナーなどの費用を負担してもらえる制度がある会社や、育児や介護についての手当が充実している会社などもあります。ただ、法定外福利厚生は、会社の業績の悪化や経営方針の変更によって、急に無くなってしまうなど、制度変更もあるようです。法定外福利厚生についてはとくにこだわらずに、どの会社を選ぶのか判断するための材料とするとよいでしょう。

Follow Me