通勤のことを考えて!アクセス

条件面でまず確認しておきたいところ

面接である程度採用が決まりかけている場合などは、条件面について希望を聞かれたり、質問があるか尋ねられたりすることがあります。そのようなときにまず確認しておきたいのは、勤務先がどこになるかです。あらかじめ勤務地が決まっている場合にはよいのですが、採用後どこに配属されるかわからない場合などは、どこまで動く可能性があるのか知っておく必要があります。場合によっては転居が必要になる可能性もあるので、遠方になりそうなときには早めに把握しておきたいところです。面接時にはあれこれ聞きにくいものですが、この勤務地の点については働いていくうえで非常に大切なことなので、ぜひしっかり疑問点を聞いておくようにしましょう。

毎日通うから影響も大きい

なぜ勤務地について注意しておかなければならないのか、その理由として挙げられるのは、通勤が毎日あることからちょっとした負担でも大きなものとなっていくからです。通勤時間が長いと、その分拘束される時間が増えます。仕事以外の時間でも外にいる間は気を抜くことが難しくなるので、心身の負担が大きくなっていくのです。電車やバスなどを使って通勤する際には、座っていけるかどうかでも体力的な面での負担が変わってくることになります。 仕事の質にも影響してきますし、何かあった時にすぐに仕事に駆けつけられるかどうかを考えると、住まいから遠いところは問題が多くなります。負担を減らして仕事に集中できるように、勤務地へのアクセスは実際に体験してみるなどしてしっかり確認しておきましょう。

Follow Me